2024/05/15 風景

令和6年5月、渡り鳥が去った平の沢池の様子

3月末までは、池中を泳ぎ回っていたカモなどの渡り鳥がまったくいなくなっていました。

冬場に飛んできたロシア方面に旅立ったようです。

池の周辺は、桜の季節も終わり、人々の姿もあまりありません。

生き物と言えば、亀が水面から首を出しているのと、数羽の鳥が泳いでいるのが見えるだけです。

静かな季節になってきたと同時に、平の沢の周辺では新緑がきれいになってきています。

平の沢池に写る三郎ヶ岳の新緑も美しいです。

蓮池の方はと言うと、夏に向けて新しく葉っぱが水中から浮かび上がり始めています。

まだひとつひとつの葉っぱは小さいですが、どんどん成長し、池全体を覆いつくすのもすぐだと思います。

そして、6月末から7月に入れば、今年もきれいな蓮の花がたくさん咲くでしょう。

桜や蓮の季節もよいですが、新緑のきれいなこの時期も平の沢池周辺を散歩するには気持のよい時期です。

気温もちょうどよく、緑がきれいで、歩いているだけで心が解放される気がします。

池の北側の平地では草が刈られ、新しい駐車場が整備される準備が進められているようです。

こちらの駐車場が整備されると、車が停めやすくなり、さらに気軽に平の沢池の周辺の自然を楽しんでもらえることになると思います。

今年度中には完成予定だそうです。

コメントをしてみませんか?