千歳町から見た馬路の風景

今年の2月に完成した千歳町と馬路町をつなぐ千歳北工区バイパスから、馬路町を一望することができます。

今日は、梅雨の晴れ間なのか、青い空の下、田植えの終わった田んぼの中に、馬路の街並みをきれいに見ることができました。

便利な場所にありながら、これだけ緑が広がる地域もそう多くないと思います。

機会があれば、散歩がてらバイパスを上ってみて、馬路の風景を改めて眺めてみるのはいかがでしょうか。

千歳北工区バイパスから見た馬路町方面

写真をクリックして頂くと、画面いっぱいに広げて写真を見ていただくことができます。 スマートフォンの場合は、横向きにして見てみててください 。

20200601平の沢蓮池

今日から6月に入りました。

馬路町も、緑が茂りどちらの方向を向いても緑がきれいな季節です。

日中吹く風もさわやかで過ごしやすく、午前中から田畑で働くお百姓さんの姿が見えます。

田んぼには水が入り、田植えが終わっている所も出てきています。

平の沢池の水鳥の道を挟んだ蓮池の方では、ひと月前まで何もなかったのに、水面に小さな葉っぱが浮いてきたと思えば、数週間で大きく広がり、どんどん背を伸ばしています。

今年も夏前には、美しい蓮の花がたくさん蓮池を飾ることになるでしょう。

  • 平の沢蓮池20200513
  • 平の沢蓮池20200601
  • 平の沢蓮池20200601

最近は、社会情勢の影響か池の周りでウォーキングやお弁当を楽しまれる方を以前より見かけるようになった気がします。

平の沢池の桜歩道橋より

花曇りの下、今年も平の沢池を囲むように咲く桜が満開になりつつあります。

最近の外的要因によるものか、平日にしても桜を楽しむ人は少し少ないように思います。いてもマスクをしておられます。

人が少ないせいか、今年は桜も少し寂しげに見えます。

それでも、池の周囲を走る車の運転者さんは、桜の咲き具合に目を向けずにはいれられない様子でした。

池に写る桜並木が美しいのが、この季節の平の沢池の風景の良さだと思います。

  • 令和2年3月末平の沢池の桜の様子
  • 令和2年3月末平の沢池の桜の様子
  • 令和2年3月末平の沢池の桜の様子
  • 令和2年3月末平の沢池の桜の様子
  • 令和2年3月末平の沢池の桜の様子

千歳北工区バイパス

馬路町から千歳町と保津町を通過して、亀岡市内に向かうのが便利になっています。

千代川町からでも、9号線を通過することなく亀岡市内へと向かえます。

まだまだ車の往来は少ないように思えますが、周辺地域の方にとって便利になっています。

サンガスタジアム by KYOCERAで試合が開催される時には、千代川インターからこの道を経由して、スタジアムへ向かうことが推奨されています。

試合日は、車の往来が増え、周辺が少しにぎやかになるのではないでしょうか。

千歳北工区バイパス

千歳町側から馬路町へ降りてくると、道の両サイドに田園風景が広がっています。

田植えの季節になり水が入り苗が植えられ始める季節には、このバイパスから馬路町の美しい風景が眺められるのではないでしょうか。

2020年2月11日の京都新聞のサイトにも、千歳北工区バイパス開通感謝式の記事が掲載されていました。

サンガスタジアム周辺の渋滞抑止も期待 京都・亀岡で府道バイパス開通