千歳北工区バイパス

馬路町から千歳町と保津町を通過して、亀岡市内に向かうのが便利になっています。

千代川町からでも、9号線を通過することなく亀岡市内へと向かえます。

まだまだ車の往来は少ないように思えますが、周辺地域の方にとって便利になっています。

サンガスタジアム by KYOCERAで試合が開催される時には、千代川インターからこの道を経由して、スタジアムへ向かうことが推奨されています。

試合日は、車の往来が増え、周辺が少しにぎやかになるのではないでしょうか。

千歳北工区バイパス

千歳町側から馬路町へ降りてくると、道の両サイドに田園風景が広がっています。

田植えの季節になり水が入り苗が植えられ始める季節には、このバイパスから馬路町の美しい風景が眺められるのではないでしょうか。

2020年2月11日の京都新聞のサイトにも、千歳北工区バイパス開通感謝式の記事が掲載されていました。

サンガスタジアム周辺の渋滞抑止も期待 京都・亀岡で府道バイパス開通

平の沢池の野鳥が飛び立つ瞬間

秋から冬にかけて、亀岡市馬路町にある平の沢池にはたくさんの野鳥が集まります。

週末になると、野鳥を目当て双眼鏡を持ちバードウォッチングを楽しまれてる人の姿も見かけます。

池に来ている鳥の種類は、特にカモが多いように思います。

カモも一種類だけではなく、マガモやカルガモなど複数種類のカモがいるようです。

平の沢池と、野鳥が飛び立つ瞬間です。

平の沢池と野鳥

馬路町を囲む景色も日に日に秋らしくなってきています。

平の沢池周辺もそのひとつです。

三郎ヶ岳が赤や黄色に色づき、池周辺の並木も赤く紅葉しています。

池に近づくと、鴨が一斉に飛び立ち、波紋が広がり、水面に映る三郎ヶ岳がゆらゆらとゆらぎます。

寒くなってきましたが、池の周辺を歩いてみると、秋を満喫できるのではないでしょうか。

平の沢池と三郎ヶ岳

写真をクリックしてお楽しみください。 スマートフォンなら横向きにして見てみててください 。

平の沢池紅葉の始まった桜並木

平の沢池沿いを走る水鳥の道の桜並木もすっかり紅葉してしまいました。

すぐに落葉が始まりまそうです。

秋の蓮池と三郎ヶ岳

夏にはたくさんの花が咲いてた蓮もすっかり枯れてしまっています。

三郎ヶ岳も徐々に紅葉しかけています。

ここで越冬するのか、一時的に来ているのか、池にはたくさんの鴨が休んでいました。