まさに梅雨の谷間、さわやかな天候に恵まれた6月17日(日)午前8時半から、第3回目となる町民世代間交流事業・馬路町民グラウンドゴルフ大会が、亀岡川東学園の広大なグラウンドに3面のコートを設置。21団体121名の町民の皆様の参加(スタッフ共々約140名)の下、盛会に開催されました。

今年は、亀岡川東学園の中村校長、木村・原田両教頭、及び服部PTA会長等役員さんによる川東学園チーム、また、馬路味噌等の製造販売に頑張ってもらっている馬路農産加工グループ、更には、今年から各区選抜チームの参加等もいただき、グラウンドのあちらこちらで大きな歓声が上がる中、優勝者への副賞亀岡牛1kgを目指して、和気あいあいと、されど真剣な表情でプレーを楽しんでいただきました。

結果は、今年も日頃練習されている、高齢者グループのグラウンドゴルフ愛好者チームが上位を独占されました。(来年はハンディーをつけようかな?)また、初めてグラウンドゴルフをしたと言う人も含めて、今年もたくさんのホールインワンが出ました。最も盛り上がったのは、1位に3人。4位に2人の同点者が出たことから、一打限りのプレーオフを行った時でした。大注目の中のプレーオフであったことから、各選手とも大緊張のなかでのプレーでした。

《個人賞》1位:浅田 孝 氏 2位:林 勝 氏 3位:畑 貞夫 氏 4位:名倉 正子 氏 5位:松村 淳一 氏

《団体賞》1位:馬路G・Gの会B 2位:馬路G・Gの会A 3位:中区 4位:池尻福寿会A 5位:池尻福寿会B

《ホールインワン賞》16名

 

5月18日(金)午前10時から、今年最初の「馬路ふれあいサロン」を開催しました。第1回目の今回は、参加者の皆さんにボーリングやダーツ、輪投げ、ボール入れ等の楽しいゲームを、キャッキャッと笑顔いっぱいに童心に帰って楽しんでいただきました。遊びと言えども少し賞品がかかっていたことから、真剣な表情でゲームに集中、適度な緊張感の中いい汗をかいていただきました。
昨年に引き続いて、池尻区や三ツ辻区、三軒屋区等遠方の参加者には、中三さんにマイクロバスを出していただき送迎をすることにしていますので、どしどし参加してください。

馬路ふれあいサロン運営委員会

馬路町自治会運営合同会議

ゴールデンウィーク終盤の5月5日(土)の夜8時から、水稲の苗箱設置、夏野菜の植え付け、里帰りの子や孫の相手等々で、少々くたびれたお顔が目立つ中、本年度の馬路町のまちづくりに中心的にお世話になる皆さんとの合同会議を開催し、お互いに連携協力して安全安心快適で住みよい馬路町のまちづくりを目指すことを確認しました。

【詳細】 主な報告事項
1. 平成29年度の決算報告を行う。主な内容は、亀岡川東学園(旧高田中学校、川東小学校)に隣接する、旧農協用地(馬路財産区名義・自治会管理)の一角にあった京都農協用地(約250㎡)の購入経費、馬路生涯学習センターの2階ホール等の省エネ照明灯への交換及び防炎暗幕設置等の改修経費、旧吉原養豚場周辺の環境整備費、消防馬路分団が亀岡市長表彰調査受章に伴う経費、高齢者を対象とした馬路ふれあいサロン運営経費、敬老会・運動会・文化祭・慰霊祭・各種スポーツ大会等の行事運営経費が主な事業経費でした。

2. 千代川駅東・西側整備事業について:現東側広場については、平成28年4月供用開始。平成30年度に西側スロープ工事等に5700万円亀岡市予算計上。平成31年度以降に、西側への改札口、発券機、陸橋から待合室までの屋根設置、階段部分への手すりの設置等をJR側が順次工事を行う。駅舎の全面改築は現時点では困難とのことでした。

3. 京都府移住の促進のための空き家及び耕作放棄地等活用条例の規定による、移住促進特別区域に平成29年10月20日付で、馬路町が指定されました。現在3軒の登録をしており、順次登録準備に入っていますが、すでに何人かの問い合わせがあります。空き家を活用した定住促進により、少しでも人口現状に歯止めをかけられればと考えます。登録への協力依頼を行いました。

4. 少子高齢化対策に向けた諸事業の展開に大きな障害となっていたのが、市街化調整区域という大きな壁がありました。平成29年度から、市街化調整区域内の既存集落について、いわば建築の規制緩和が認められる区域指定に向けて、各区に置いて協議をしてもらっています。今年の12月内には、馬路町全体を取りまとめ、亀岡市の都市計画審議会に諮っていく予定で進めています。

光秀まつりの少年武者

第46回「亀岡光秀まつり」が、5月3日に催されました。

光秀を主人公とする大河ドラマ「麒麟がくる」の2020年放送決定を祝う横断幕を先頭に、勇ましい騎馬姿の光秀や家臣役の武者行列が、旧城下町や亀山城跡等 亀岡市内中心部を、4万3千人(主催者発表)の市内外からの見物客の声援を受けて、南郷公園まで堂々と練り歩きました。

光秀まつり 鉄砲隊
馬路町からは自治会議員さん2名(畑 一人副会長・人見 和男議員)が鉄砲隊として、6年生男子2名(畑 伊織くん・八木 明日夢くん)が少年武者の甲冑姿で行列に参加しました。

光秀まつり 少年武者2
南郷公園では「かめまるフェスタ」も開かれ、多彩な催しでにぎわっていました。

~出役者からの感想~
☆ 祝 ‼ 2020年 N H K 大河ドラマ「明智光秀」決定
タイトル『麒麟がくる』主演長谷川 博己
(畑 一人)

☆ 亀岡の観光の一助になれたこと、大変喜んでおります。心地よい疲れとなりました。馬路町から参加された方や運営に携わられたスタッフ・ボランティアの皆様も、大変ご苦労さまでした。
(人見 和男)