2021/11/19 風景

亀岡市馬路町の平の沢池周辺も、霧の中に

11月に入り、朝と昼間の寒暖差が大きくなってきました。

平の沢池周辺も、亀岡特有の霧に包まれる日が増えています。

池の向こう岸がなんとか見えるか見えないかぐらいの深い霧です。

ここ数日は、これが毎日の風景です。

いつもなら水鳥の道の北側に見えるはずの三郎ヶ岳はまったく見えません。

池の上には、鴨などの渡り鳥が徐々に増えてきました。

秋の深まりと、冬の訪れが近いことを感じます。

この霧も、午前11時にはすっかり晴れてしまいます。

晴れると、いつも広々とした馬路の田園風景が戻ってきます。

三郎ヶ岳の頂上付近からハングライダーが降りてくるのも、最近よく見かけます。

馬路町の秋らしい風景です。

コメントをしてみませんか?